トランペット、上達するにはどうしたら良いの?

金管楽器の基本、バジングを練習しよう

バジングとは金管楽器を吹く上で必要なスキルです。唇のみで音を出すこともさることながら、マウスピースを口につけた状態で正しい音程の音を出すことができるようになることが必要です。家はマンションで大きな音が出せないという方でも、マウスピースのみであればさほど大きな音は出ないためどこでも練習することができます。マウスピースで音階を作ることができるようになることが、実際にトランペットを吹くときの音程の安定につながるのです。

指を正しく動かす練習をしよう

トランペットは3つのピストンバブルの押し方で音が変わります。つまり、どの押し方でどの音が出るのは覚えることが曲を吹く上で大切になってきます。さらに、同じピストンバブルの押し方でもバジングの仕方によって音を変えることもできるため、それも覚えなければなりません。早く指の動かし方を覚える方法としては、トランペット用の練習曲を何度も吹くことです。単調で盛り上がりもないため、飽いてしまうかもしれませんが練習曲を上手に吹くことができるようになると、難しい曲も吹きやすくなりますよ。

早く音をつなげるタンギングの練習を積もう

タンギングとは、舌を使って音の区切りや立ち上がりを明瞭にする方法です。同じ音を続けて吹く時には息を止めるのではなくタンギングを使います。タンギングがうまくできないと速い曲を吹くことができませんよ。タンギングにはシングル、ダブル、トリプルの3つがあります。それぞれタンギング用の練習曲があるため、繰り返し練習することです。もともと滑舌が悪い人にとっては難しい練習になりますが、暇な時にtututuやtukutukuと発音してタンギングの練習につなげることができますよ。

金管楽器の一種であるトランペットは、煌びやかな音色を響かせる楽器です。ファンファーレを奏でる時にも活躍します。